海岸の家

住宅を建設

寝室

よりこだわりを持った住宅を建築できる方法が注文住宅です。しかし注文住宅は建築会社によって注文の制度も大きく異なるのです。注文住宅にはその時代によって主流、流行と呼ばれるものがあるのです。外壁などのデザインなどでもそうですが、最近でいえば住宅の省エネ化に関する設備を導入する人が多いのです。もちろんこうした流行には新しい設備の開発や企業間競争も大きく左右しますが、このような初期の導入費用が掛かっても生活をする上で省エネを実現できる設備を設置する人が多いのです。かつては住宅に求めるものも少なくどのような建築会社に依頼しても似たような住宅が提供されるケースも多かったのです。しかし近年住宅に求めるものも居住形態も複雑化し建築会社によって全く異なった住宅が完成することが多いのです。

今後注文住宅の需要は人口減少、人口の高齢化などにより減少傾向になることが予測されています。ですから建築会社としてはより顧客獲得競争が激化します。需要が減っても建築会社としては抱えている社員の数は変わりません。ですから同じだけの利益が必要となるのです。ここで広告宣伝費などの経費を削減する、仕入れコストを削減する、社員の数を減らすなどのコスト削減をするのか、顧客獲得のためにどのような対策をするのかなどより会社の経営方針が重要となります。今後は地場の工務店など小規模の会社だけでなく大手のハウスメーカーと呼ばれる会社でも倒産する危険が全く心配ないとは言えません。これは建築会社を選択する施主にとっても重要なことで万が一自分の住宅を建築した建築会社が倒産してしまった場合その後のアフターサービスなどが受けられなくなることもあるのです。