快適な空間

豪華な家

最近の注文住宅の建築において様々なメーカーからより快適な生活を送れるための機能性の高い設備が販売されています。住宅を建てる前にこうした設備を知ることでより充実した生活が送れる空間にすることができるのです。 そんな注文住宅だから設置できる設備の一つに電動シャッターがあります。通常シャッターは窓を開けてシャッターをガラガラッとおろす必要があるのです。しかし電動シャッターの場合窓を開けずに室内でスイッチを押す、レバー操作をするなど簡単な操作一つでシャッターを閉めることができるのです。夏の暑い時期や冬の寒い時期には窓を開けずに操作できるのは非常にメリットのあることです。とはいえ通常のシャッターよりも高額なのでよりシャッターの開け閉めの頻度が高い場所を優先して設置することをお勧めします。

田舎などの場合毎日シャッターを開け閉めするという習慣がない場合もありますが、朝シャッターを開けて夜シャッターを閉めるという生活をする場合もう一つ考える必要があるのがカーテンです。多くの住宅でカーテンはレースカーテンと分厚いカーテンの二重で使用されているのです。当然注文住宅ですからカーテンレールの施工も指示可能です。夜シャッターを閉める場合カーテンを二十で設置するメリットがあまりない場合も少なくありません。 というのも最近の注文住宅で使用されている窓ガラスはより中の様子が確認しにくいように鏡のようになっているのです。ですから、日中はレースのカーテンだけをして、夜はシャッターを閉めるだけで十分という家庭も多いのです。 カーテン代もこだわれば数十万円、あっという間に数百万円にもなります。必要のない設備をカットできるのも注文住宅のメリットなのです。何が必要で何が必要ないのかをしっかり見極める必要があります。