マイホームを購入

田舎

夢のマイホーム購入に向け、その方法を比較検討する場合、大きく分けて2つのパターンに分類されます。それは自由設計がうりの「注文住宅」とすでに完成していて入居がすぐに可能な「建売住宅」があります。 注文住宅で家を建てる場合、自由設計なので、自分の思い通りの間取りの家が建てることができます。また、使用する洗面。風呂、トイレ、キッチンの器具や、壁紙フローリングにいたる細かい仕様も、自分で選ぶことができます。その反面、取得経費が非常に高くなり、また完成までに何回もの打ち合わせが必要なため、時間的な拘束もあります。 建売住宅の場合は、自由設計とは違い、建物がすでに完成してから販売されることがほとんどです。完成しているため、間取りや、細かい仕様はそのままです。しかし、自由設計の注文住宅に比べ、取得費用が安く抑えられ、購入後すぐに入居できるメリットがあります。

自由設計の住宅を提供するハウスメーカーやホームビルダーは複数ありますが、自由設計の範囲にも限りがあることを把握しておくことが重要です。 一般的なハウスメーカーの住宅は、その会社が仕入れている建材メーカーの内装や建具から選択することになっており、建築主が自由に使いたい内装建材や建具などに対応してくれることは基本的にありません。特に大手のハウスメーカーは組織となっているため、柔軟な対応を取りづらい体制となっています。 それに比べて自由設計を謳い文句にしているハウスメーカーには、建築主の要望を出来るだけ反映させてくれる設計を行ってくれますので、こだわりの強い建築主を満足させるには最適な条件が揃っています。自由設計の範囲としては、そのハウスメーカーの体制にも拠りますが、建築家や設計事務所に依頼するくらいのレベルの設計までを対応してくれる会社は少ないため、過度の期待は禁物です。